負担金が少なく携帯電話を機種変更した主人
負担金が少なく携帯電話を機種変更した主人

電話を受け取る際は常に相手の電話番号確認と録音対策を

電話は現代の社会では連絡手段として欠かせない手段の1つであります。そしてこれがあるために従来の手紙や電報に比べて迅速で素早い対応をすることを可能にしました。しかしこれはメリットだけでなくデメリットな一面もさらけ出すようになりました。それは相手からかかってくる場合です。その相手からの通話はいつも知っている人からの通話とは限らないからです。見ず知らずの人から通話されてきてそれのためにいろんなトラブルに巻き込まれる可能性を大きくしていますし、現実にいろんなトラブルに巻き込まれて下手したら命にかかわるような犯罪被害を受けている人もいます。

そのような被害の典型はいたずら通話や脅迫通話や振り込めさぎ、勧誘の悪質セールストークなどが該当したりします。そのためこれらの被害を減らしたりその犯罪被害に巻き込まれるようにしないための対策を実行しておく必要があります。その対策の1つは普段の設定では番号通知対策しておくことです。通話が来たら相手先の電話番号が表示されるサービスを利用するのです。これは21世紀目前にして導入されるようになったサービスです。それより以前はこれがなかったがために苦しんでいた人が多かったのですが、このサービスを導入するようになってその被害は激減するようになりました。これにより非通知や公衆からのアクセスを遮断するのです。また今頃の電話機は不審な番号からかかってきた通話を遮断する機能が備わっています。そのためこの機能を設定しておくことも大事です。ですがこれだけではすべて防ぎきれるとは限りません。そのためには他の対策として電話を受け取ったら同時に番号確認と録音対策をするクセをとることです。番号確認とそれをメモする事、また通話録音をすること、そしてこれらの記録を言って期間保管することで万が一の際の状況証拠を集めておくのです。状況証拠を集めて置けば万が一の警察の捜査にも協力しやすくなりまして犯罪者の逮捕につなげる可能性を大きくできるからです。


Copyright(c) 2017 負担金が少なく携帯電話を機種変更した主人 All Rights Reserved.