負担金が少なく携帯電話を機種変更した主人
負担金が少なく携帯電話を機種変更した主人

電話の掛け方と必要性について

スマホが普及している現在、子供でも持っていて簡単に操作しているのを見ると、本当に大丈夫なのかな?と、ついつい余計な心配をしてしまいます。昔では、とても考えられませんでした。確かに、スマホは便利です。無料通話アプリ等を使って言葉を打ち込み自由にやり取りしたり、困った事があればすぐに聞く事が出来る...。しかし、そんな小中学生を見ているといざという時に、電話で話が出来るのだろうか?と疑問に思います。今では、自宅に固定電話さえ設置していない家庭もあります。そんな事で社会に出た時に、電話の掛け方や受け方がわかるのか?いくら便利なスマホと言っても、そういう落とし穴がある事を忘れてはいけないと思います。

私には中学生の息子がいますが、中学生になると連絡網は、自分達で回すようになるわけです。実際に、部活の連絡網でよく電話が来ますが、やはり電話の掛け方がままならないのです。しどろもどろになり、自分の名前すら名乗る事ができないというなんとも恥ずかしい話です。自分の息子には、しっかりと教えてきましたから受け方、掛け方、共に完璧です。最近では、スマホ普及により公衆電話の数もかなり減っています。その為、最近の若者は公衆電話の掛け方すらもわからないのではないでしょうか?テレホンカードの使い方、緊急時の使い方。電話は、凄く大事な物だと思います。現代の、便利な物ばかりに頼るのではなく昔ながらの物にも興味を持つことが大切だと思いました。


Copyright(c) 2017 負担金が少なく携帯電話を機種変更した主人 All Rights Reserved.