負担金が少なく携帯電話を機種変更した主人
負担金が少なく携帯電話を機種変更した主人

IP電話を使うメリットとデメリットとは。

最近になって、IP電話と言われる、IPパケットを用いて電話を行うサービスが登場しました。従来の固定電話との違いは、使用するインターネット回線の種類です。固定電話を使った場合は、専用の電話回線をそのまま使用する形をとりますが、IP電話は音声をパケット化し、ブロードバンド回線を利用して通信を行います。携帯電話やスマートフォン、パソコンやタブレットでインターネットを行う仕組みと同じ回線を使って電話を利用するため、それらのサービスと同時に利用すると、安く使用できるのがメリットです。

逆に、デメリットもいくつかあります。それは、音声が途切れやすかったり、停電の際に使用できなくなったりすることです。パケット単位で通信を行うため、アナログ信号である音声をパケットに変換したり戻したりする際に、音声の品質が悪くなったり、最悪通信が途切れてしまうこともあります。そのため、重要な会話を行う際にパケット通信を利用した電話を行うことはしない方がよいでしょう。友人や家族との気軽な会話で使用する程度であれば特に問題はないと思いますが、企業間での取引の際に使用し、口約束でのトラブルが起こってしまった場合に取り返しのつかないことになってしまうと大変です。


Copyright(c) 2017 負担金が少なく携帯電話を機種変更した主人 All Rights Reserved.