負担金が少なく携帯電話を機種変更した主人
負担金が少なく携帯電話を機種変更した主人

電話とメール・テキストチャットの使用用途を明確に

近年はインターネットの普及もあり、以前よりも電話の使用率が低くなっているように思います。電子メールが普及した90年代を経て、現代はSNSやテキストチャットなどもビジネスの場に置いても一般的に使用されるようになりました。社内のやりとりも、もしフロアがと違う場合はテキストメッセージやり取りするほうが時間の節約になる場面は多くあると思います。

ただし、どんなにテキストメッセージ関連のソフトが浸透してきても、電話が社会には無くてはならないツールであることに変わりはありません。メールなどのテキストのやり取りに慣れている若い世代は、ついついメールをビジネスツールとして使ってしまうことがあります。しかしそれはビジネスに限らずとも、重要だったり早急な連絡には直接のコミュニケーションをとるべきです。メールは、議事録や約束の再確認のように、あくまでも補足的な役割として使うべきツールであることを忘れてはいけません。

相手が、メールやテキストチャットをリアルタイムにチェックしているとは限りません。例えば緊急対応の必要な顧客の要望をメールで送り、対応が遅れてしまったケースなどは、適していないツールを使ったほうの責任だと思います。このように、電話を使ったコミュニケーションとテキストベースのコミュニケーションのTPOを明確に使い分けることが、近年の課題になってきているといえます。

関連記事・情報



Copyright(c) 2017 負担金が少なく携帯電話を機種変更した主人 All Rights Reserved.