負担金が少なく携帯電話を機種変更した主人
負担金が少なく携帯電話を機種変更した主人

電話対応は「笑声」がポイントです。

電話で話すとき、どんなことに気をつけますか?私はコールセンターで働いていた経験から、電話で話すときには、対面の時よりも声のトーンに気をつけています。対面であれば、表情が見えるのでその人がどんな感じ(不機嫌なのか、機嫌がいいのかなど)で話しているのかが見えますが、電話だと声だけでの判断になるので、いつもどおりのトーンで話してしまうと相手に何か感じ悪いなーと思われてしまう可能性もあります。私が勤めていたコールセンターでは、新しく入ってきたオペレーターに対してまず話し方のトレーニングをしていました。業務内容を教える前にです。電話口で笑顔で話す&敬語の練習をするんです。ニコニコ笑顔で話すのは難しいので、どちらかと言えば微笑みに近い感じでOKです。誰にも会わないのに、笑顔で話すなんておかしいと思うかもしれませんが、笑顔で話すと電話を通した声が「笑声(えごえ)」に聞こえるんです。

電話を介して、この人感じがいいなーと思わせるのがこの笑声です。この笑声で話せるようにならないと電話には出られません。コールセンターは、お客様と会社を繋ぐ顔(実際には、声ですが)ですから、お客様に感じのよさを提供する義務がありますから。企業への問い合わせをした際に、相手の声のトーンが低く、笑声でないと、残念な会社だなーという印象を持ってしまいます。ただ、今はどこもコールセンター系は教育がしっかりしているのか、たいてい感じが良いので、問い合わせをする側としては嬉しいですし、安心します。こういう会社が増えてくれると嬉しいです。

関連記事・情報



Copyright(c) 2017 負担金が少なく携帯電話を機種変更した主人 All Rights Reserved.