負担金が少なく携帯電話を機種変更した主人
負担金が少なく携帯電話を機種変更した主人

電話をかけることは問い合わせの第一歩だった

最近は以前と比べると電話をかけることが減った、と感じるのは私だけではないと思います。特にそれを感じるのは、テレビのコマーシャルです。今までは商品の宣伝のあとに、お問い合わせはこちらまで、と電話番号が出ていたものです。ゴロをあわせて覚えさせる番号もよくありました。実際に今でもなにげなく覚えている番号がいくつかあります。ところが今は、詳細はWEBで、となるのです。最初にこれを見た時は、なんとなく突き放しているようであまり好きになれませんでした。実は今でもあまり好きではありません。

実際、電話での問い合わせというものは、企業側にとっては面倒なものです。鳴り響く電話の対応に人手をとられるうえ、直接売り上げに結びつくとは限らないからです。私もそんな職場にいたからよくわかります。でも、鳴り響く電話が会社の活気のバロメーターでもありました。確かに、よく聞かれるようなことをホームページに公開しておけば、営業時間などを気にせずにいつでも好きな時に見られるし、企業側も人件費の削減を期待できます。でも、じゃあ、ホームページを見られる環境にない人はどうすればいいのか、と思ってしまうのです。ITリテラシーが低い人もまだまだたくさんいます。できれば電話番号も併記してくれるとありがたい、と思うのはもう古い人間だけなのでしょうか。


Copyright(c) 2017 負担金が少なく携帯電話を機種変更した主人 All Rights Reserved.