負担金が少なく携帯電話を機種変更した主人
負担金が少なく携帯電話を機種変更した主人

電話の歴史の変遷が楽しみ

もともと電話が苦手だった私にとって、もっとも歓迎すべきことは、携帯という新しいスタイルが生まれたことかもしれません。しかも、最初は通話だけだった連絡手段にメールという方法が加わったことにより、いっそう楽になりました。これまでなら家に電話をすると、たいてい友達のお父さんやお母さんが出ます。まずは自分が誰なのかを名乗り、次いで友人が家にいるかどうかを確認し、代わってもらうという順番を踏む必要がありました。それが嫌で、友人と示し合わせて、何時ごろ掛けるから、その時にはすぐに取ってねとお願いしていたほどです。

今はダイレクトに相手につながるうえに、私が掛けているということがすぐに相手にわかりますので、いきなり話を始めることができます。これまでの手間を思うと、格段にいくつものステップを端折ることができたことになり、最近では家の固定電話にはめったにかかってこないし、掛けることもないという人が増えたのも、当然のことかもしれません。若者限定だった携帯も、今や高齢者向けのものがどんどん販売されていますので、高齢者でも持っているのが当たり前になりました。これからどんな変化を遂げていくのか、楽しみなアイテムであるといえるでしょう。

関連記事・情報



Copyright(c) 2017 負担金が少なく携帯電話を機種変更した主人 All Rights Reserved.