負担金が少なく携帯電話を機種変更した主人
負担金が少なく携帯電話を機種変更した主人

テレビ電話という選択から

最近、テレビ電話というものが普及してきました。まだまだ一般にまでは普及していませんが、インターネット回線を利用し、遠く離れた人とでもパソコン画面やテレビ画面を通して、顔を見ながらおしゃべりできるというものです。この技術はもともと、在宅業務を推進したり、支店を多く持つ会社が、会議のためにいちいち出張してこなくても済むように、オンラインで映像をつなぎ、言葉を交わし合うというニーズを満たすためにうまれたものだと思います。コンピューターもそうでしたので、だんだんと仕事場から家庭へと、便利なものが普及していく構図でしょう。

テレビ電話のいいところは、離れていても相手の様子が目で見てわかることだと思います。もちろん、その場にいて周りの状況を見ながら話すのに比べたら、顔だけが見えるという状態で理解できることに限界はありますが、それでも声だけに比べると、視覚から得る情報の多さは侮れません。声だけだと元気そうに思えるのが、目の前の画面に映る顔は何となくさえないといったことに気づく時もあるでしょう。単身赴任でどうしても離れざるを得ない場合、家族の様子を見守るためにテレビ電話という手段を考えるのも、家長としては大切なのかもしれないと思います。


Copyright(c) 2017 負担金が少なく携帯電話を機種変更した主人 All Rights Reserved.