負担金が少なく携帯電話を機種変更した主人
負担金が少なく携帯電話を機種変更した主人

光回線を使用した電話は停電時に要注意を

現代社会では生きていくうえで水道電気ガスなどのライフラインがなくてはやっていけません。そしてそれと同時に最低限の通信回線として電話がなくてはなりません。さてそれに関しては長らくの間メタル回線を使用して戦後60年代から70年代にかけて徐々に一般家庭に普及しまして、今ではほとんどの家庭に電話が普及しました。しかしながらそのメタル回線に関しては21世紀に入るとインターネットの普及のために常時接続でありながら大容量かつ高速回線が要求されるようになりました。その場合つなぎの対策として既存のメタル回線を利用したADSLが爆発的加入者増となったのですが、これは収容局から2以内でないとその恩恵を受けることは難しく、さらに将来の高速化にも限界があるためでありました。

その大容量かつ高速化に対応する回線として光回線の導入が2010年代に入ると全国各地で大々的にキャンペーンが行われまして、今ではインターネットをする大半の家庭に導入されるようになりました。しかしながらこの光回線を使用した電話を利用する場合はあることに注意をしなければなりません。それは停電したときの対応であります。というのは停電するとまったく使えなくなるのです。というのは既存の場合は電気とは関係なく接続されていたので留守番機能を除けば普通に使えていたのですが、光の場合だと電話機の前にモデムに相当する終端装置があって、それが電気で稼働してるので使えなくなるのです。その場合は携帯を使えば回避できますが、携帯の利用をやめてしまっている場合はこのように使えなくなった際の有事の際の対応を考えておく必要があります。

関連記事・情報



Copyright(c) 2017 負担金が少なく携帯電話を機種変更した主人 All Rights Reserved.