負担金が少なく携帯電話を機種変更した主人
負担金が少なく携帯電話を機種変更した主人

子どもの携帯電話の使い方を皆で見守りましょう。

携帯電話は、いまや子どもも一人一台保有しています。スマホや、某メーカーのスマホの最新式をクリスマスやお誕生日に願う子どもたちも多いのではないでしょうか。保護者としては、塾通いをきっかけに連絡用に購入してあげたり、周りの子どもたちが持っているからと購入してあげたりと、様々な理由があるかと思います。ただ、子どもたちがメリットとして考えているのは、ゲームだったり、メールだったり、SNSの利用であったりと、初めから保護者が持たせようと思っている理由とずれて始まってしまっていることも多く見られます。

「子どもが携帯電話を使うこと」と、くくりをつけてしまうので見えなくなってしまっていることがあります。子どもたちも将来大人になって携帯電話を仕事のツールや、生活の質的な向上のため使用することとなります。そう、子どもたちの携帯電話との付き合いは、はじまったばかりで、これからの長い将来ともにしていく、必須のアイテムでなのです。

「1時間だけよ」と制限をつけたりする、禁止のコミュ二ケーションよりも、初心者の子どもたちとともに時には親子で学びながら、メリット、デメリットを話し合うことが大切です。ポジティブなコミュニケーションツールとして子どもたちが取り入れられるように、周りの大人が上手に導くことができたらいいですね。

関連記事・情報



Copyright(c) 2017 負担金が少なく携帯電話を機種変更した主人 All Rights Reserved.