負担金が少なく携帯電話を機種変更した主人
負担金が少なく携帯電話を機種変更した主人

スマートフォンや携帯電話と固定電話を使い分けよう

携帯電話の普及により、固定電話の利用は減少してきました。インターネットのブロバイダによっては、IPフォンが使えるものもあります。ケーブルテレビのインターネットで電話サービスを利用していたときは、固定電話と同じように利用できましたが、IPフォンはインターネット回線を使ったもので、一部かけることのできない番号もあるので、注意が必要です。

スマートフォンはたくさんの機能が搭載されていて便利な反面、通話料が高く、仕事などで利用する人は通信費が高額になり、PHSなどの2台持ちなどで通信費を削減されている方も多かったです。今は通話料がどれだけかけても一定のプランが各社から出され、スマートフォンの電話機能に関しては使い勝手も改善されつつあります。プランによっては依然として通話料は高く、通話料を安くするアプリをうまく利用されている方も多いです。

格安スマホも普及しつつありますが、基本使用料が安い分、通話料は実費でかかる場合もあります。安いからと選んで、結局通話料が高くなる場合もあるので、通話が多い人は定額ブランのあるものを選ぶと安心です。全く使わない人は通話料が含まれていない方がお得ですので、各自のニーズに合わせて選びましょう。通信費などはできるだけ節約したいものですから、こまめにチェックしてプランを変更したり、携帯と固定電話を使い分けたりしましょう。


Copyright(c) 2017 負担金が少なく携帯電話を機種変更した主人 All Rights Reserved.