負担金が少なく携帯電話を機種変更した主人
負担金が少なく携帯電話を機種変更した主人

顔の見えない電話での注意点について。

電話は非常に便利な通信ツールです。リアルタイムで会話が進み、用事を済ませる事ができるのです。ですが、声のトーンや話し方で相手への印象、またこちらが感じる相手の印象は全く違ったものになってしまうこともあります。自分にそんな気がなくても、相手に「何か怒っている?」「元気がなさそう」と思われてしまったり、「何だか軽々しい感じ」「真面目に聞いてるの?」と不信感を抱かせてしまうことだってあるのです。お互いのことをよく知っている友人などの間柄ならそれほど注意する点ではないのかもしれませんが、会社から得意先にかける場合は尚更、子供の学校の連絡網でまわってきた内容を次の人にまわす場合など、ある程度のマナーを持って電話をする方が双方気持ちよく会話をすることができると思います。

敬語が得意でない方でも、声のトーンを少し高く、明るくはっきりと、なるべく丁寧に話すだけで印象が変わってきます。伝えたい内容にもよりますが、相手のことを思いやって話せばきっと好意的に受け取ってもらえるでしょう。同調したり、親身になって話を聞いたりすることも大切です。電話では顔が見えない分、声の表情を豊かに話せるといいかもしれませんね。


Copyright(c) 2017 負担金が少なく携帯電話を機種変更した主人 All Rights Reserved.