負担金が少なく携帯電話を機種変更した主人
負担金が少なく携帯電話を機種変更した主人

電話の使用をどうするか悩んでいます。

正直これだけ携帯が普及すると固定電話は殆ど必要ないと言えます。最近では固定を家庭で使わないところも多いようです。そのため引っ越しの時も電柱から回線を引く世帯は少なくなっています。固定電話は大変減っているのです。また公衆の電話ボックスも少なくなっています。それだけ携帯が普及しているからだと言えるでしょう。携帯があれば自宅に固定回線を引く必要は殆どないと言えるのです。唯一電話帳として使う程度です。固定にはセールスの電話ぐらいしか掛かってきません。本当に出るのも嫌になります。玄関口で訪問販売を相手にしているのと変わりません。時間の許す限り応対はしていますが、結構苛つくと言えます。また、中々切らせてはくれないのです。それが無効の手だと思いますが断っても中々ありがとうございますという感じでは終わってくれません。ひどいときには物理と突然着られることもあります。それほど嫌なことは無いと言えるのです。それ故固定の回線は全く必要がないのです。

引いているだけで基本料金が掛かります、携帯と合算するとそれなりの金額になってしまいます。それを少しでも少なくしたいと思うのですが、中々回線を切ることが出来ません。既に30年ほど現在の番後うをっつかっている事もあると思います。何となく他人にこの番号を回すのが嫌な気分になるからです。かといって今更番号を変える気にもなりません。変えても同じ様にセールスの勧誘は掛かってきます。


Copyright(c) 2017 負担金が少なく携帯電話を機種変更した主人 All Rights Reserved.