負担金が少なく携帯電話を機種変更した主人
負担金が少なく携帯電話を機種変更した主人

電話の多様なサービス

携帯電話がはじめて世の中に出現してからおよそ20年余りたちます。当初は限られた富裕層しか持っていなかったものが、今や1人一台以上持っていて当たり前となっています。当初は主に通話のみに用途は限られていました。しかし、日々目覚ましい進化を遂げ、新しい機能がどんどんとついていきました。私が自分用の携帯を初めて持ったのは中学生のときです。二つ折りのピンクの携帯を買ってもらいました。その頃には、もう液晶はカラーで、メール機能やインターネットへの接続機能なども備わっていました。また、カメラ付き携帯の出現もちょうどその頃で、私の携帯にはもうカメラ機能がついていて、友達から羨ましがられたものでした。

携帯の主な使い道は友達とのメールで、意味のないやりとりを毎日友達とおこなっていました。また、携帯で自分のHPを作ったり、ブログやプロフィールサイトなどが流行り始めたのは私が高校生の頃です。現在は、それがさらに進化し、スマートフォンが主流となってきています。スマートフォンにいたっては、電話の域を超え、もはや小さなパソコンです。今やなくてはならないコミュニケーションツールとして、様々なサービスを展開しています。


Copyright(c) 2017 負担金が少なく携帯電話を機種変更した主人 All Rights Reserved.