負担金が少なく携帯電話を機種変更した主人
負担金が少なく携帯電話を機種変更した主人

電話が主流だった時代のバイタリティ

社会人になって20年経ちました。社内でも中堅所になっています。入社当時から考えると、会社で電話を利用する回数がめっきり減りました。入社当時、外部との連絡ツールと言えば、電話とFAX。私は字が上手ではないので、FAXよりも、電話を良く使っていました。電話は話すだけなので、話の内容が残りませんが、要件が早く済みます。けれど逆に、向こうからかかってきた電話も、仕事の手を止めて対応しなければなりません。一長一短でした。その内現れたのが、インターネット、eメールです。今ではネットを利用したやり取りの方が、電話・FAXより圧倒的に多くなりました。

昔は電話口で熱くなり、向こうの相手とよく喧嘩したものです。しかしPC越しのやり取りでは、そんな事もなくなりました。逆に履歴が残るし、一度メールで発した言動は極端な話、世界中の人に送れます。こう考えると昔のように熱くなって喧嘩する気もなくなります。これが良いのか悪いのか?現状こうなってしまったので致し方ありません。冷静な大人の対応が増えた一面もありますが、人間としてのバイタリティが少し削がれた感もあります。こういうと説教くさいですが、こういったコミュニケーションの変遷があった為、最近の新入社員はお利口な、大人しい人が多いのかもしれません。


Copyright(c) 2017 負担金が少なく携帯電話を機種変更した主人 All Rights Reserved.